経営理念

「適材適所」をすべての意思決定の原則とする。

企業理念

 会社の成長を社会の進歩と結び付け、情報通信機器の販売を通じて、関わる皆様と社員の幸福を追求します。
 
代表取締役 藤本範正

会社概要


社名  株式会社SAC
設立  2006年10月13日
本社

 〒101-0021
 東京都千代田区外神田3丁目11-11 CIRCLES秋葉原 9階
 TEL:03-6260-9031(法人専用)


 個人のお客様
 ※お問合せフォームよりご連絡ください
 商品に関するサポート・使用方法等のお問い合わせはこちらから

適格請求書発行事業者登録番号

 T06-0200-0105-6819

古物商番号

 神奈川県公安委員会 第451360016121号

物流倉庫  〒252-1124
 神奈川県綾瀬市吉岡2668-1 ハマキョウレックス綾瀬第一センター
年商   2016年度    ¥1,760,000,000
 2017年度    ¥2,460,000,000
 2018年度    ¥2,160,000,000   ※2018年度(第13期)より税抜経理方式を採用しております。
 2019年度    ¥2,530,000,000
 2020年度    ¥2,670,000,000
 2021年度    ¥2,520,000,000
 2022年度    ¥2,790,000,000
資本金  5,000万円
役員  代表取締役 藤本範正
取引銀行  きらぼし銀行 神田中央支店
 りそな銀行 秋葉原支店
 静岡銀行 横浜支店
 北陸銀行 横浜支店
 群馬銀行 上野支店
事業内容  PB・オリジナル製品の開発及び販売
 SDカード、MicroSD、USBフラッシュ
 DOS/Vアセンブリ系商品の卸、玩具の卸・販売

 パソコン・家電の小売り、卸・販売
主要取引先

 アプライド株式会社
 アマゾンジャパン合同会社
 インバースネット株式会社
 エクスプライス株式会社
 SB C&S株式会社
 株式会社NTTドコモ
 エレコム株式会社
 株式会社大塚商会
 株式会社コジマ
 上新電機株式会社
 
 株式会社ストリーム
 株式会社ZOA
 ソースネクスト株式会社

 株式会社ソフマップ
 ダイワボウ情報システム株式会社
 株式会社テイツー
 TD SYNNEX株式会社
 株式会社ノジマ
 ハーマンズ株式会社
 株式会社パシフィックネット

 株式会社ビックカメラ
 株式会社ベイシア電器
 三谷商事株式会社
 株式会社ムラウチドットコム
 株式会社メディエイター
 株式会社ユニットコム

 株式会社ヨドバシカメラ
 Apacer Technology Inc.(国内正規取扱店)
 BIGBIG WON(国内正規代理店)
 GameSir(国内総代理店)
 Hohem Technology Co.,Ltd.(国内正規代理店)

 Kingmax Digital Inc.(国内正規代理店)
 Kingmax Semiconductor Inc.(国内正規代理店)
 Super Talent Technology Corp. (国内正規代理店)
 Apple(認定リセラー)
 Microsoft Surface(認定リセラー)

 デル株式会社(販売店パートナー)
 株式会社 日本HP(販売店パートナー)
 https://jp.ext.hp.com/partner/business/sac/
 日本ヒューレット・パッカード(販売店パートナー)

顧問税理士  松原正志 /松原税理士・社会保険労務士事務所
 〒220-0004 神奈川県横浜市西区北幸2-10-27
 東武立野ビル1F
顧問弁護士  網野雅広 /LM総合法律事務所
 〒220-8143 神奈川県横浜市西区みなとみらい2-2-1 
 横浜ランドマークタワー43階
 

グループ会社


社名 株式会社エルアール  (適格請求書発行事業者番号:T06-0200-0108-4555)
事業内容 家電・デジタル製品のインターネット通信販売
設立 2010年02月01日
 本社住所 〒101-0021 東京都千代田区外神田3丁目11-11 CIRCLES秋葉原9階
 年商 2018年度     ¥ 590,000,000
2019年度     ¥ 998,000,000
2020年度     ¥ 957,000,000
2021年度     ¥ 947,000,000
2022年度     ¥1,102,000,000
2023年度     ¥ 840,000,000
 資本金 1,000万円
役員 代表取締役 藤本範正
 

CSR


現在、株式会社SAC株式会社エルアールは、地域社会貢献として下記団体に寄付を行っております。
今後も虐待被害に遭う児童の減少を目指し、活動をしてまいります。
 

児童養護施設 聖母愛児園